まふまふそらる

ひきフェスのグッズ物販割り込み対策!マナー違反の横入り絶対阻止!

 

みなさまご存知の通り、ひきフェスのグッズ物販は毎年えぐい行列になります。

それでも欲しいのが貴重な歌い手さんグッズ。

  • まふまふ
  • そらる
  • 天月
  • となりの坂田。

などなどなど・・・

正しく並んで楽しくフェスを過ごすためにも、マナー違反の割り込みさん対策をみんなで事前に考えておきましょう。

割り込みされないために自分で出来る事

まず、一番大事なのが、しっかりと対策する事!

割り込みさんたちは、ズル賢いのです。
「ここなら割り込み出来そう」
というところを本能で狙って、さりげなーく近付いてきます。

なので、なによりもまず、隙を与えてはいけません。

【1】スマホはほどほどにして、きちんと前を向いて列についていく

  • 行列が長くて暇だから、下を向いてスマホ操作
  • 少しずつ前に進むのが面倒だから、少し距離をあけて進む

こんな事をしていたら高確率で狙われるのでご注意を!
そもそも、フェスは行きよりも帰りの方が大変なイベントです。
大混雑の中、帰りの電車の時間を調べたり、興奮のままにSNSに呟く時に充電切れにならないように、スマホの使いすぎは控えた方が◎

ひきフェス2019参戦者は絶対見て欲しい!ライブ後の大混雑電車対策! 2019幕張そらワンも無事に終わって、強運の持ち主ならば次はひきフェス!なんじゃないでしょうか? 「ひきこもりたちでもフェ...

【2】周りを味方につけておく

行列に並んで少したったら、前の人と後ろの人に一言ご挨拶しておくと良いかもしれません。
周りの人に自分の顔を覚えておいてもらうって、とても大切です。

「こんにちは」

と話しかけてそのまま歌い手さんトークをしてもいいし、もしも人見知りであれば、

「行列の横入りが怖いので、割り込みされそうになったら協力してもらえませんか?よろしくお願いします!」

と素直に話せば、自然と周りに連帯感も生まれるかも。

大変!割り込みされそう!

あれこれ対策をしても、一度割り込みさんに狙われてしまうと、じわじわと距離を詰められてしまいます。

「あれ?おかしいな?」
「あの人ってここにいたっけ?」

あなたがそう思った場合、その違和感はほぼ、合っています。
真面目に並んでいる人であれば、今までそこにいなかった人には敏感に気付きます。
おかしいなと気付いたら、すぐに声をかけましょう。

「ここは私達が〇時から並んでいるところです」
「最後尾はあちらですよ」

ものすごーーく勇気がいりますが、ここはスピード勝負です。
遠慮して何分か様子を見てしまうと、割り込みさんたちはもうその場所から離れてくれないし、こちらも声をかけにくくなってしまいます。(割り込みさんたちはそういう心理を上手に狙ってきます)
自分たちがきちんとルールを守って正しく並んでいる事を、堂々と宣言しましょう。
周りの人に気付いてもらうためにも、勇気を振り絞って、大きな声で頑張って!

もしも早めに違和感に気付けたら、遠くからじわじわと割り込んでくる様子を証拠として動画に撮っておくという奥の手も。
スタッフさんが近くにいれば、証拠として事情を説明する時にも役立ちます。

※動画や画像はあくまでも「割り込みの証拠」としてのみ使ってください
むやみにSNSに投稿すると炎上のおそれもあるのでここは慎重に!!

それでも割り込みをされてしまったら

ここまでしても無理やり割り込みをしてくる人がいたとしたら、それはもはやモンスターです。
もしくは宇宙人です。
会話や説得が通じる相手ではありません。

ものすごーく理不尽だし、
ものすごーく腹も立つけれど、

ここまできたらもう「負けたもの勝ち」です。
残念ですが、諦めましょう。

宇宙人に、地球のルールを守ってほしいと言っても無理なんです。
なぜなら、地球の言葉が理解出来ないから。
そう考えると、ほんの少しだけ、諦めもつきませんか?

宇宙人が、自分の星と間違えてうっかりフェスの物販に来ちゃったわけです。
怒るだけ時間の無駄だなって、笑ったもの勝ちですよ。

スポンサーリンク

さいごに

グッズ物販があるから、フェスは楽しい!
だけど、フェスの本当の楽しさは、グッズを買った後にある歌い手さんたちのライブです。

入手困難なチケットを、頑張って手に入れたんですよね?
大好きな歌い手さんの生のライブをみたくて、はるばる遠くから会場に来たんですよね?

何度も繰り返しますが、「フェスは楽しんだもの勝ち」です。
会場にいるみんなが、笑顔で楽しい1日を過ごせるといいですね。

ひきフェス2019グッズ列は何時に並ぶ?ペンライトは売り切れる? ひきフェス2019のグッズの詳細が遂に公開されましたね! みなさんの狙っているアイテムは何ですか? この記事では...
痩せたいけれど食べたい40歳
かなこ
エッセイとおやつとコーヒーでできている40歳主婦の静かな日々。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + seven =