益田ミリさん

【スナックキズツキ】感想レビュー|益田ミリ7年ぶりの描き下ろし漫画

 

かなこ
かなこ

2021年1月28日に発売された益田ミリさんの新刊『スナックキズツキ』を、早速購入しました

これは、さらりと読める本。

だけど、すこし、胸がチクリ。

 

本の帯には、こんな言葉が添えられているんですけれど。

キズついて、
キズつけて、
生きてる。

これは、ほんとうに、そのとおりの本。

読み終わったあとに(というか、中盤でもすでに)胸がざわついてしまう本です。

自分の足元も、たいせつに見つめ直すいいきっかけになる、と言いますか・・・。

一方的にキズつけられたと思っていても、自分だって、どこかのだれかをキズつけている。

 

益田ミリ【スナックキズツキ】感想レビュー

(2021年1月28日 発行)

 

スナックキズツキは、こちらで試し読みができます。
ナカタさん『スナックキズツキ』益田ミリ著 -マガジンハウスの本-
アダチさん『スナックキズツキ』よりナカタさん-文春オンライン-

このお試し読みを読んでみて、うっかりすぐに買ってしまったのはわたしです・・・。

仕事も恋も少しずつ疲れてしまっている『ナカタさん』

わたしは『ナカタさん』でもあり、「あなたお名前は?」と聞いてしまう『アダチさん』でもある人間です・・・。

本当は、聞きたくないのだけれど・・・

でも、聞いたことがあります。

「あなたお名前は?」

 

かなこ
かなこ

ドキっとしてしまいました。

威嚇(いかく)です。確実に。

わたしは『あなた』に傷つけられたから、やり返したいと思ってしまったのです・・・。

ごめんなさい・・・。

顔がみえない相手には、人は強い気持ちになってしまうらしい。

あおり運転とか、ね。まさに。

だめだめ、気をつけないと。

『相手』がいるということを、気をつけて、日常からこころがけていないと。

わたしと同じように、「あなたお名前は?」と聞いてしまう人に、読んでみて欲しい1冊です。

いろいろな目線があって、いろいろな人の人生が、『そっち側』にもあるということを今一度、再確認しなければ。

 

スポンサーリンク

『ナカタさん』の次の『アダチさん』

『ナカタさん』の次には『アダチさん』が出てくるのですが、このアダチさんは、「あなたお名前は?」と聞いてきた、後ろ姿だけの女性。

そこから、アダチさん目線のお話がはじまります。

『スナックキズツキ』は、オムニバス形式でものがたりが進んでいく漫画なのです。

ナカタさんからみたアダチさんは、一方的に攻撃をしてくる人。

だけど、そのアダチさんも、どこからか理不尽な攻撃をうけていて、その傷をそっと我慢して、閉じ込めている人。

おもしろいのです・・・。

この、連鎖して、つながり合って、絡み合っていく様子が、読んでいて、おもしろい。

人は、攻撃をする。

だけど、後悔もする。

その2つのうち、伝わるのはいつも、攻撃だけ。

だから少しずつ、違和感がうまれて、もやもやを感じる・・・。

 

そうそう。

この漫画を最後まで読んでみて、日々疲れてしまう自分のために、おいしいホットココアを作りたくなってしまったとしたら、『あなた』は わたしと同類です。

 

『益田ミリさん』関連の記事をもっと読みたい方は、益田ミリさんのカテゴリーから読んでみてね。

益田ミリさんのイラストって、なぜだかほっこりさせられます。

痩せたいけれど食べたい40歳
かなこ
エッセイとおやつとコーヒーでできている40歳主婦の静かな日々。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − nine =