益田ミリさん

【週末、森で】すーちゃんシリーズを読み終えたのでこっちにも手をのばしてみました

かなこ

ずっと気になっていた益田ミリさんの人気本『週末、森で』シリーズ。

すーちゃん5冊+おまけの1冊を先日読み終えたので、やっとこっちにも手が出せます。

うんうん、予想していたとおり、こっちもおもしろーい。

そして・・・まさかの、すーちゃんも登場してた・・・!(笑)

週末、森で 益田ミリ

もう、この表紙のイラストが・・・ね、

ミリさんだ~!っていう、ね。大きな安心感。

益田ミリ『週末、森で』あらすじ

働く女性3人が、週末を、森でのんびりとすごすお話です。

登場人物は3人。

【田舎暮らし】
早川さん(翻訳家)

【都会暮らし】
マユミちゃん(事務職)
せっちゃん(旅行代理店)

田舎で暮らしている早川さんのお家に、週末になると、マユミちゃんとせっちゃんが遊びにきて、日々のささくれだった心を癒やして帰るというお話の流れ。

ストーリーの中で、同窓会のお話が出てくるので、この3人は高校か、大学の同級生だったのかな?

いや、もっと前の中学の同級生とかでもおもしろいかも。

この3人って、どうやら性格がそれぞれバラバラで・・・

なにごともおだやかに考える早川さん

気が強くてはっきりとものを言うマユミちゃん

嫌なことがあってもつい我慢してしまうせっちゃん

と、一見、友達になりにくそうな3人組なのですが・・・

お話の中ではいいバランスをとっていて、それもまたおもしろい感じなのです。

そして、都会暮らしペアのマユミちゃんとせっちゃんが、ある日ふとお茶をしに行くカフェが・・・

すーちゃんのカフェー!

すーちゃんシリーズ3冊目の『どうしても嫌いな人』のとある1ページと見事にリンクしています。

かなこ

ここは愛嬌がある一コマだったから、わたしもおぼえていて、読んだ時に、「あれっ!ここって・・・」と嬉しくなってしまいました。

両方の本で、ぜひ見つけてみてね。

スポンサーリンク

益田ミリ『週末、森で』わたしの感想

かなこ

素直に、とてもおもしろかったです!

『週末、森で』は、すーちゃんシリーズが好きな人なら絶対に好きな感じ。

田舎暮らしの早川さんのお家の近くには、きれいな森や湖があって、

ただそこを3人がのんびりとお散歩して、語らいながら過ごすだけなのですが。

それだけのことが、とてもいい。

都会暮らしのマユミちゃんは、歩くのが早くて、

「だって時間がもったいないから」

と言うのですが、

「目的地に行くだけのために、人間って歩くわけじゃない」

と考える早川さん。

きれいなものを見たり、聞いたり、楽しんだり。

そういうものを感じたくて、目的がないときでも、お散歩する人もいる。

「ムダがなくなると人間らしくないのかもねえ」

「よけられないって思ったら寄りそう手段もあるんだよ」

人間関係でお疲れ気味のせっちゃんにも、早川さんの言葉は染み渡ります。

かなこ

田舎暮らしの早川さんは、都会暮らしの2人よりも、自分でコントロールできる部分が多くて、その分ストレスも少なくて、ものごとを広い視野でみれているような気がします。

人と人との距離感って、もっと遠くて、広くてもいい。

『週末、森で』っていう、タイトルそのまんま。

自然と過ごす時間って大切な時間だと、あらためて思います。

それから、気の合う、ほんの少しの女友達も。

この本の続編の『きみの隣りで』も、またおもしろい一冊です↓↓

かなこ

益田ミリさん関連の記事をもっと読みたい方は、益田ミリさん のカテゴリーから読んでみてね。

すーちゃんシリーズについてもまとめてあります。

痩せたいけれど食べたい40歳
かなこ
エッセイとおやつとコーヒーでできている40歳主婦の静かな日々。